ジョンが家に来てからの事を書いています。たまに鳥や熱帯魚や風景も。犬友ぼしゅー

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

Powered by Ayapon RSS! オススメ ドッグフードの杜 通販王国


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
((♪のんびりシェパ日記♪))

上記のブログに変更いたしました!

リンクして頂いてる皆様には

大変ご迷惑をお掛けしますが、

リンク変更宜しくお願いいたします

そして新しいブログ先でも

頑張って日記書いて行こうと思いますので、

これからも宜しくお願いします
スポンサーサイト
プラナリア(英: Planaria)は、扁形動物門ウズムシ綱ウズムシ目ウズムシ亜目に属する動物の総称。広義には、三岐腸目に属する動物の総称。さらに、渦虫綱に分類される動物の総称とする説もある。体表に繊毛があり、この繊毛の運動によって渦ができることからウズムシと呼ばれる。淡水、海水および湿気の高い陸上に生息する。
(Wikipediaより)







この虫?は、エビ水槽によく現れるそうで、家ではエビを飼い始め3年ぐらいですが、今の今まで現れた事がありませんでした

と、言ってもエビは飼育が難しく増えては減り増えては減りだったのですが・・・

最後に書いた稚エビの記事以降から、生まれてるはずなのに全く姿が見れず、エビも毎日死ぬ姿しか見れず

水のせいなのか、餌が少ないのかと試行錯誤していました

そして、ある日、仕事に行く前に歯磨きをしながらエビ水槽を眺めてる時でした!

うにょうにょと水草に動く物体を発見しました、それがプラナリア。

家では接眼レンズが無いので、他のサイトから。。。

ここから見れます⇒プラナリア画像

こいつは、弱ってるエビや脱皮したエビ、そして、稚エビを襲う悪い奴なんですよ

そして、この三日で5匹捕獲しました。

でも、たった5匹。きっと、もっと居るはず・・・。

五匹のうち、二匹は見つけたらスポイトで吸って捕獲。

後の3匹はというと、色んなサイトで捕まえ方を探し見つけたのがこの方法。

IMG_5379.jpg

100円ショップで、売られてるコスメの容器。

これに、ドリルで2mmの穴を開け重石を入れて(家は使わなくなったマウスのボールの上下を削っていれたけど)

餌は、鶏肉を入れました

IMG_5382.jpg

こんな感じ。


IMG_5383.jpg

投入。

場所は、ここらで二回ぷらちゃんを見たからここに置きましたっ。

暗いほうがいいかなと電気を消して20分後。

接眼レンズが無いのが悔やまれるこの瞬間(あっても、嬉しくないとおもいますが・・・)

明かりをつけ、容器の中を見ると鶏肉にいるぷらちゃん発見

しかも、明かりをつけたら逃げるように容器の中を移動

出てこられたら困るので、すぐさま出しました。


IMG_5385.jpg

画面大きくしてもらうとよくわかると思いますが、円で囲った場所にぷらちゃんがいます。

もう一匹は、他の場所からぽろっと出てきました。

色んなサイト見てると熱湯とか、漂白に入れるとかあったんですが・・・

家ではペットボトルの容器に入れて、このまま何日生きているのかな実験を始めてみました!

もちろん、キャップは閉めてます。

前に水ミミズをやったときは、一週間で死んでました(汗

IMG_5389.jpg

この憎っくきプラナリアの生命力は如何に?!

そして、プラナリアとの戦いは続く・・・筈。

長い文章、読んでいただきありがとうございました。


ランキング参加中です!



にほんブログ村:画面クリックお願いします。


ペットブログランキング

このペットボトルに入ってるプラナリアの行方が気になっちゃう~って方、ぽちぽちっと宜しくおねがいしまぁすコーヒー&ハート
























 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。